劣等感

「自分はこうだから」


誰しも劣等感を持っている

もしくは

持ったことがあるのではないでしょうか


その劣等感は

なぜ生まれるのか


そしてそれは存在してはいけないのでしょうか


他者と比べて出来た劣等感


それそのものは決して否定するものではありません


一番注目すべきところは


その劣等感をバネに

前に進もうとするのか


出来ない言い訳にするのか


ただそれだけです


劣等感が悪いのではなく

それをどう理解するかが問題です


誰にでも輝く術があり

輝く権利が平等にある


そう言う考えから

私なりのコンサルやマネージメントを

遂行しています


GLOXYのコンセプト

「能力の個性を磨く」は

この考えに一貫しています




21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示