感覚の養い方

受講生作品のボールペン


この課題の特徴は

「立体かつ底面がない土台の作業方」と

「グラデーションの作り方」です


同じサイズで規則正しく貼る

"整列貼り"で作るグラデーションには

法則が存在しますが


今回の課題では

異なるサイズを組み合わせて貼るので

法則はありません


ではどのように貼ると

グラデーションになるのか


比率、割合の配分にポイントがあります


これはある程度感覚を養う必要があります


ただ闇雲に数をこなして作っていけば

感覚を養える訳ではなく


先程の比率や割合を

「どうやって判断するか」という方法を

授業ではお伝えします


この方法を知らないままで

作品を繰り返し作っても

感覚を養うには厳しいのです


色を塗るのとは違って

スワロフスキーのカラー自体は

自分で変える事は出来ません


それに加えて

それぞれのスワロフスキーカラーの

透過率も異なり

それも踏まえて判断して貼るようになります


**************************************

「デコを収入に変える」

ビジネスデコスクールの

デコレーションアートアカデミー広島校


🌟なぜビジネスデコスクール?

https://www.gloxy.shop/decoschool

🌟どんなスクール?

http://www.ndw.ne.jp/store/hiroshima/


GLOXYトップページ

https://www.gloxy.shop

**************************************









32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示